人生を変えたい人に伝えたい箱の話




自分が生きている箱のサイズを知ってる?

 

 

あなたが毎日暮らしている「限度」。それを「箱」と表現して話していきたい。

 

 

あなたを悩ますのはこの箱のせいだ。

 

 

  • 上司に注意される限度は?
  • 親に許される限度は?
  • 友人に愛想を尽かされる限度は?
  • 恋人に嫌われる限度は?

 

 

あなたの中に様々な「限度」がある。

 

 

ちなみに僕が悩んでいた「限度」はこうだった。転職しサラリーマンになった頃、執拗なまでの上司の注意に心はボロボロだった。当初は、サラリーマン1年生だった事もあり、なんとか食らいついていこうという思いでやっていた。しかし、知らず知らずのうちに自分自身が変えられていることに気付いた。入社当初の意気揚々としていたモチベーションも徐々になくなり、上司の目に怯え、「注意されないようにいることが仕事」としている自分がいた。そう、自分の生きる箱が変えられていたのだ。

 

 

あなたにもそんな経験はないだろうか?

 

 

  • コレをやったら注意されるかな?
  • 発言してもどうせダメだろうな
  • 注意されないようにこうしておこう

 

どんどんと自分自身がその仕様の人間になっているのだ。僕もそんな人間になっていた。

 

 

例え話にある「ノミの話」と一緒だ。

 

 

ノミは30センチもジャンプをする。体長の150倍だ。そんな驚異的なジャンプ力のあるノミに箱を被せると、ノミはジャンプするたびに箱に頭をぶつける。何日かして、被してる箱をどけてもノミはもう箱の高さ以上にジャンプをすることはないらしい。自分の能力を忘れてしまっているのだ。

 

 

では、僕やあなたはどうだろう?

 

 

上司や恋人、他人の目を必要以上に気にし、とても貴重な一日を「その人の箱」の中で過ごしてはいないだろうか?自分の可能性は無限なのに「その人の箱」で納まってはいないだろうか?

 

 

その箱を取っ払い、自分の理想の人生歩みたいあなたにお伝えする。コレは僕もやっている方法だ。

 

 

自分の邪魔となる箱を作っている人は誰か・・・。書き出してみよう。

 

 

そして、「その人」以外のこと、例えば「その人」が会社の上司だとしたら、家族や趣味、友人やボランティアなど。

 

 

「その人」以外のことを人生の優先課題にする。

 

 

・家族と幸せに暮らせているか? → 週末はみんなでどこかへ行こう。そのために平日から調べたり、買い物をする。「あそこではコレを食べよう」「渋滞を避けるためにどのルートで目的地にいくか?」「キャンプではこんなメニューにしてみよう」週末でなくても、みんなでご飯を作ったりいろんなことを試してみよう。

 

 

・趣味にもっと没頭しよう。 → コレも毎日やろう。僕の場合、いまDIYに夢中になっている。特に塗装だ。家具などを塗っているのだが、出勤前にも塗っている。そうすると、「帰ってからアレも塗らないとな」「あのパーツは赤色にしよう」とか仕事中も考えるようになる。車やバイク、旅行などいくらかお金がかかる趣味を持っている人たちは、「趣味にかかるお金のために仕事をしている」と考えてもいいぐらいだ。

 

 

・友人ともっと語ろう。 → なにか起業のきっかけができるかもしれない。必要な情報を教えてくれるかもしれない。

 

 

・なにもない人はボランティアをしてみよう。

 

 

毎日、あなたを支配する「その人」から脱却するために、そのほかの事に没頭しよう。夢中になろう。

 

 

自分のための人生にしよう。

 

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク