つらい過去を変える方法

 

  • 好きな人に振られた傷がまだ癒えない
  • 親から言われた言葉が頭から離れない
  • 上司に叱られた事で精神的につらい

 

 

 

 

つらさの種類、大きさは人それぞれだ。つらい過去から抜け出したいと思う人は理解するまで読んでほしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず、過去というものは強敵だ。簡単に消せるものではない。

 

 

小さな出来事なら時間とともに消えるだろうが、心に残るほどの嫌な出来事は放っておいてもなかなか消え去るものではない。時間が解決してくれない問題もあるという事だ。

 

 

 

 

では、どうするのか?

 

 

 

 

まず、「過去」というものを理解し、克服しなければならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたがワンピースに出てくるような悪魔の実を食べて過去に戻って人生をやり直せる能力の持っていたり、押し入れの中で寝ているネコ型ロボットがいてタイムマシーンを出してくれれば話は別だ。しかし、現実は違う。「過去の出来事」というのは変えられない。

 

 

 

 

 

 

「つらい過去を変える方法」と言いながら、変えられないとはなんだ!と思うかもしれない。しかし、僕がお伝えしたいのは過去そのものを変えるのではなく、過去の出来事から何かを学び得ることによって人生は変わってくるという話だ。

 

 

 

 

無理にポジティブになるのはやめよう。

 

 

 

 

ここで間違って欲しくないのは、起きてしまったつらい過去を「これは勉強のために起こるべくして起こったのだ」「これは何かのサインだ」など、つらい出来事をいきなり肯定的に捉えろと言っているのではない。よくいる引き寄せジプシーと言われている人たちはココで躓いている。僕はそんな無責任にポジティブシンキングをオススメしない。

 

 

 

 

まずは「起こった出来事は仕方ない。過去は変えられない」ということをしっかりと認識しよう。自分の心に落とし込もう。

 

 

 

 

変えられないものだと納得したうえで、しっかりと前を向けばおのずといい現実が現れてくる。これを理解していないと「過去が変わってくれない!!」といつまでも後ろばかり振り返り、チャンスがきても見過ごしてしまうことが多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

過去と他人は変えられない。未来と自分だけが変えられる

 

 

 

 

過去に捉われず、「いまの幸せ」に集中しよう。いい感情がいい未来を創るのだ。感情もエネルギーもいい状態ににしていれば、幸せは必ずやってくる。現実は無視して未来をみよう。未来を想像してワクワクしよう。すべてはあなたの内側の感情から創造される。

 

 

 

 

人生は波動がすべてだ!

 

 

 

 

いいエネルギーを出していれば現実は必ず変わる。「いま」の感情にフォーカスし理想の現実を引き寄せよう。

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク