自己評価が低い

自己評価の低い人は、親の影響が強いといわれています。

子どもの時から

「お前にはできない」

「もっと頑張らないと良くならない」

「頑張って働かないとお金は入ってこない」

など。いろんなことを、親から言われた人は多いと思います。

 

しかし、ちょっと待ってください。

ほんとにそうなのでしょうか?あなたは親の言うような人間なのでしょうか?

 

よく考えるとおかしいですよね?

なぜ、親は、あなた(子ども)の未来を見てきたわけでもないのに、あなたがどうなるかわかるのでしょうか?

 

わかるわけがないんです。

親は、自分自身が経験してきたことのデータをあなたにもあてはめているわけですが、そもそも、それは親のデータなので、あなた(子ども)にはあてはまらないのです。

だから、親の言うことは無視してしまいましょうという話ではなく、心の中で「心配ありがとう。でも私は大丈夫」といって手放してあげてください。

そうすれば、親に言われたことをズルズルと引っ張らずに、自分を愛することができます。

親や周りの人、先生や友達が何と言おうが、あなたの可能性まで計算できてるわけがないんです。

可能性は無限大です。

 

あなたの人生は、あなたが、脚本家で監督で主演なのです。

 

せっかくの人生、他人に操作されてはもったいない。ほんとにもったいないですよ。

 

自分の可能性を信じて、現実は無視して、未来に起こる素晴らしい出来事を想像してワクワクする。

これこそが人生だと思います。

 

それでは!