瞑想のやり方(満たす編)

 

アップルのスティーブ・ジョブズやGoogleなど、世界の大企業も実践する瞑想。

ストレス解消。

脳が発達する。

遺伝子の寿命がのびる。

 

など、様々な科学的の根拠も発表されて、身体へのメリットが計りしれないのですが、僕が瞑想をやっていた目的は、

 

嫌な記憶を消すため

 

これのみですw

 

いろんな本を読んだり、ネットで検索して、前向きな気持ちになろうと努力していたけれど、やればやるほどリバウンドが酷くて精神的に辛いので、「こりゃ、まず、嫌な気持ちを消さないといけないな」と思い、瞑想をはじめました。だって、車のワックスと同じで、まず汚れを落とさないと、どれだけいいワックスを使っても、車はキレイにならないじゃないですか?

 

なので、脳内の掃除と決めて瞑想を実践。

 

瞑想をやるのは、開店前と決め、誰も出勤して来ない時間を見計らってやっていました。

 

とはいえ、「瞑想なんて怪しい宗教かよ」と思っていたので、やりだしても無意識で居られる状態が続くのは1分程度、ひどい時なら目を瞑った瞬間から脳内雑念パレードが開催される状態。

 

雑念ならまだいい方で、酷い時は殺害予告された時の事がずっと脳内にいる状態。そして、それをどんどん悪い方へ悪い方へと考えてしまうのです。自分の想像力に嫌気がさすほど・・・。

 

「また、きたらどうしよう」

「家族は巻き込まれないか?」

「会社に電話は来ないか?」

 

考えれば考えるほど負のループは続き、瞑想自体も嫌になってきます。

 

しかし、これで諦めていては現実は変わりませんし、何としても現実を変えたいと思っていたので、「これは訓練だ!修行なんだ!!」と自分に言い聞かせました。

 

1分も持たない状態で、しかも、無の状態にしようとするとどうしても雑念や嫌な思い出が浮かび上がってくる瞑想初心者。

 

何かいい方法はないかと考え、違う何かで脳内を埋め尽くしてやろうと、宇宙やキレイな海などを想像して、いいイメージで脳内を満たす方法を思いつく。

 

 

思いの外うまく行き、1分も持たなかった瞑想時間も、5分、10分と伸びていきました。

 

 

 

こうして、脳内をいいイメージで満たす瞑想を、毎日繰り返していると、なんと1日の間に幸せを感じられる時間が出てきたのです。

 

「瞑想なんて胡散臭い怪しい宗教みたいだ」と思っていたのになんという事でしょうか。散々、怪しんできた瞑想もこれは効果を認めざるを得ません。

 

日常の恐怖感も和らいでいき、瞑想のおかげか店も忙しくなってきて、身体もの脳内も忙しくなってきたので、嫌な思い出を考える時間が少なくなっていきました。

 

今は、自分の中で必要だなと感じた時にしか瞑想をしていませんが、瞑想の効果は抜群なので、今後もやっていくつもりです。

 

みなさんも、現状を変えたければ、いい言葉やポジティブシンキングとか無理に頑張らず、まずは脳内の掃除という意味で瞑想するのはいかかでしょうか?

 

Good luck