瞑想のやり方(流す編)

どうも!波動は共鳴すると実感しているマジーです。以前に、瞑想のやり方(満たす編)をお伝えしましたが、今回は違うやり方をお伝えしたいと思います。

 

現状が最悪で気分が落ち込んでいる時は、何をしてもネガティブな事を考えてしまいがちです。

 

 

僕も当時はまだまだ思考のトレーニングをやり始めたころで、ポジティブな事を考えては戻される。理想の未来を想像しては、現実に引き戻されるといったことを繰り返していました。

 

願っては引き戻され、願っては引き戻され・・・を繰り返すと、体力というか思考力、幸せになろうとする力がドンドン疲弊していくんですよね。そして、エゴまみれになって疲れていく。

 

いろんな書籍やブログをみて実践していくけど、なんだか上手くいかない。そして、うまくいかない自分に腹が立つ。怒りの次には、自分にはできない、ダメだと嫌悪感が押し寄せる。

 

自己嫌悪なんて一番マイナスで、なんのプラスにもなりません。

 

この世で何かを飲み込む力が強烈そうなもの・・・。

 

火山のマグマ・・・。

 

ブラックホール・・・。

 

 

・・

 

 

・・・

 

 

・・・・

 

 

!!!!!!!

 

 

滝つぼ!!!

 

 

そうだ!瞑想で嫌な感情が出てきたら滝つぼに捨てていこう!!

 

 

ネガティブな考えを思考のなかで滝つぼに捨てる

 

 

現実を変えるためには、自分(エゴ)の判断に左右されず、頭の中に降りてきた情報に素直に従うべし。

 

その日から、毎朝の瞑想は「ネガティブな考えを滝つぼに捨てる」ことを意識して実践しました。

 

イメージはこうでした。

  • 瞑想している自分が座っている。
  • その前には右から左に流れている川がある。
  • その先には大きな滝がある。

 

10分の瞑想中に、湧いて出てきた過去の嫌な思い出や、未来への不安、ネガティブな感情などを、これでもかとポイポイと目の前の川へ放り込んでいきます。

 

川に流されていったネガティブな感情の先には大きな滝です。落差は何百メールとあり、滝つぼに飲まれればその感情は一切出てこれません。

 

 

これでネガティブな思考を片っ端から捨てていきました。もちろん、後日出てくることもありましたけど、そんな時はまた瞑想して捨てるのです。

 

嘘だと思うかもしれませんが、そうして日々を過ごしていくうちに頭の中からネガティブな思考が消え去るんです。

 

ぜひ、やってみてくださいね。実践あるのみですよ。

 

それでは!Good Luck!!