幸せのものさし

「年収〇〇円のなりたい」

「素敵な人と結婚したい」

「おっきな一軒家に住みたい」

 

 

 

こんな願望を引き寄せたいと思っている人も多いと思います。しかし、自分の幸せのものさしをしっかりと持っていないと、たとえ願望が実現したとしても、なんか物足りなく感じてしまったり、他人のほうが幸せに見えてしまったりしてしまうのです。

 

 

実際に、友達と飲食店などに行った際に、どれを食べようかと散々悩んで注文して、いざ注文したものが来ると、やっぱり悩んだ方がよかったとか、友達が注文した方がおいしそうに見えて後悔したとかありませんか?

 

 

そういう人って「幸せのものさし」がブレているのでいつまで経っても幸せになれません。

 

 

自分はこれで幸せだと納得しても、まわりが気になってドンドン不安になり、自分の幸せすら疑いだしてマイナスのエネルギーを出しちゃうんですね。

 

 

これって僕も以前に悩んだことがあって、自分の目の前の現実が変わらない、幸福感を感じないって時期がありました。

 

 

大好きなイカの刺身を買って晩酌しながら、「やっぱりカツオにすればよかったかな」「盛り合わせにすればよかったかな」って悶々と納得しないんですね。

 

 

買うときは「イカの刺身を買って晩酌するぞ!」って幸せの気分で購入して、家に帰って、風呂にもはいって、あとは晩酌だってイスに座り、目の前にはキンキンに冷えたビールと買った刺身があるのにですよ??

 

 

目の前の現実は自分の思考した通りの現実になっているのに納得しないんです。

 

 

 

 

また、こんなパターンの人も多いようです。

 

 

念願だった素敵な異性と付き合えて、幸せな日々を送っていたはずなのに、そのうち友人カップルの方が幸せに見えたりして嫉妬の鬼になっていませんか?(笑)

 

 

こういう人も、自分の現実が変わって幸せになっているはずなのに、自分で幸せになることを拒んでいるんです。

 

 

これってもう思考の癖ですよね?晩酌や恋人の件に限らず、1日中こういう思考で過ごしてるのです。

 

 

これでは幸せになれないはずです。

 

 

 

そして、どうすればと考え、自分の幸せのものさしがブレているのだから、もう一度自分の幸せを見つめなおそうと思い、紙に書きだすことにしたのです。

 

 

仕事の休憩中や家に帰ってから、一枚の紙に自分が幸せに感じるであろう事で頭に浮かんでくることは片っ端から書いていくんです。浮かんだらすぐに書きます。考えるとエゴが働き躊躇して書かなくなるのですぐに書くようにしました。

 

 

そうして書き出した紙を見返すと、本当に自分が直感で幸せに感じることがわかります。そして、それを日々の生活の中で意識して思考の癖を治す努力をしました。

 

 

いつもなら、迷ってしまうことや後から後悔してしまうことでも「これでいい。これが俺の幸せだ」と意識に刷り込んでいったのです。

 

 

 

 

幸せのものさしがしっかりとしてきて、選択した行動に素直に幸せを感じるようになってくると毎日が幸せのエネルギーで満たされます。

 

 

みなさんも毎日のなかの幸せを洗い出し、思考の癖を矯正してみませんか?

 

 

それでは!!