本好きの子どもに育てる方法

授業中に席を立って授業を妨害しちゃう子や怒られるとかんしゃくを起こしてキレちゃう子。

時々、ニュースなどで観るぐらいだったので特に意識はしていなかったのですが、上の子も集団生活もはじまったので、キレやすかったり、授業の邪魔をするような子にならないように気を付けなければと思っています。

集中力があり、落ち着きのある子どもを育てるために出した自分なりの答えは・・・。

・子どもと友達にならない。

・本好きに育てる。

まず、コミュニケーションですが、しっかりと取ろうと思っているので、外ではもちろん、家でもできるだけ子どもの視野にいるようにします。休日に自分の部屋にこもってブログを書くなんてもってのほか。(書くなら子どものみえるところでw)

我が家は、4歳と2歳の男なので、よく決闘ごっこをするのですが、どれだけ盛り上がってきても、親に対して暴言を吐いたらルール違反なのでその場で注意していますし、僕も汚い言葉は使わないようにしています。

そして、お互いの視野の中にいる状態で、お互いが別々のことをしているときでも、子どもがいつでも話しやすい態度で接するようにいています。でも、僕からは必要以上に声をかけません。

黙々となにかに集中ですw

そうしていると、何事にも興味がある子どもは、自分のやっていることに飽きてきたら何かに夢中になっている父親が気になります。そうしてるうちに「何してるの~」って寄ってきます。

そうなればチャンス!!!

あとは、本を楽しそうに読んでいる姿をみせてあげればいいのです。

「父親が本を読んで楽しそうにしている。これは絶対に面白いんだ」と子どもも思いますから、「絵本を持ってきて一緒に読もう」と言ってあげれば、子どもも納得して読書をします。

こども六法 [ 山崎 聡一郎 ]

価格:1,296円
(2019/9/9 17:48時点)
感想(1件)

子どもに「勉強しなさい」「本を読みなさい」と言いながら、親である自分たちがスマホをいじっている。

そんな親の言う事を子どもは聞くわけないですよね。

僕も子どもと一緒に成長したいので、試行錯誤しながら子育てを楽しんでいきたいと思います。

それでは、Good Luck!!

小さな成功を積み重ねていくと人生は変わります!
《ワラウ》登録キャンペーン実施中☆最大500円分ポイントがその場で当たる!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク