好中球減少症に悩むみなさんへ

「好中球減少症の疑いがあります。入院してください。」

 

こう告げられて頭の中が真っ白になりました。

この時は、好中球減少症がどのような病気かわからなかったので、ただ入院といわれたことにショックを受けたことを覚えています。

 

長男が9か月の時、後頭部にできたおできがなかなかひかず、一度、病院で診てもらおうと連れて行きました。僕は、どちらかというと「自然派育児」の考えなので、緊急性のない症状はある程度までは様子をみます。しかし、あの時は一向に潰れもしないし、ひきもしないおできに悩んでいました。

 

病院で血液検査の結果を見せられ、「好中球の数が異常に少ないです。紹介状を書きますのでこのまま国立の〇〇医大に行ってください」と言われ、心臓がバクバクしたのを覚えています。

 

「まさかウチの子が…」

 

 

大丈夫、大丈夫…医師が念には念を入れてるだけだと自分言い聞かせていました。

 

医大に到着し、担当になった医師からも「やはり好中球が異常に少ないです。後頭部の腫れ物の事もありますからこのまま入院して下さい」と言われました。

 

 

ここから3週間の入院生活の始まりです。

翌日、見舞いに行くと、点滴の針を固定するために、腕に包帯をグルグル巻きにされていました。その姿を見て泣きそうになったのですが、何かをわかっているように僕に向かって微笑む息子。

 

 

「絶対に早く退院させ、健康なからだにしてやる」と心に誓いました。

 

 

妻と息子は入院生活。

 

僕はひとりで狂ったように「好中球減少症」について、調べました。調べた中には「年とともに改善する」「放射能の影響で小児に影響がでている」などとあり、一喜一憂する日々。

 

入院して何日が経ち、医科長から話があるからと別室に呼ばれました。会議室のような部屋はスライドを見せるためか暗く、重苦しい雰囲気でした。部屋の真ん中に長机があり、僕と僕の膝の上に息子、隣には妻が座り、向かいには医科長や担当医が座りました。

 

そして、一番奇妙だったのが、その長机からすこし離れたところに、研修医であろうか若い先生たち10数名が椅子に座っていたことです。授業参観に来ている父兄の位置で、医科長と僕たちの話が始まるのを待っていました。

 

異様な雰囲気の中、医科長から話がありました。スライドを見せながら、好中球の説明。要は菌への防御ができにくいということ。

そして、息子の好中球は活動はしている。ただ、数が少ない。200だと。500を切ると感染症になりやすい可能性もあるので、好中球が正確どれぐらいあるのか調べませんか?と。

 

 

採血の方法は?と質問すると、骨髄から採るということでした。

 

 

この雰囲気でそう言われたら、頷くしかないと思いましたが、息子はまだ9か月。そんな子に、治療ならまだしも、採血のために背骨に針を刺すのは・・・と思い、検討させてくださいと伝え、部屋を出ました。

 

 

結局、それ以降、病院側からも「採血」の話はなく、とりあえずおできもなくなった(切って膿をとってもらいました)ので、好中球の数の変化を確認するため月1回採血に来るよういわれ退院。

 

 

退院後も好中球減少症について、調べる日々は続き、大麦茶を飲ませたり、ラクトフェリン入りヨーグルトを食べさせる日々。

 

 

そんな日が何日も続き、仕事前にスマホでググっていると、「気がよみがえる適温クッキング」のなかに好中球減少症のことが書いてあるということを知り、さっそく書籍を購入し貪るように読みました。

 

骨を強くし、骨髄から血液が正常に作られるようになれば好中球も正常になるとのことから、いりこ、日光浴、そして、ビフィズス菌などを摂れば良くなると書いてあり、日光浴のほか、時々、光線療法を受けさせていました。

 

僕は、血液は腸で作られると思っているので、ビフィズス菌のほか、納豆やぬか漬けも食べさせ、妻もできるだけ食品添加物の少ない食事を作っていました。

味噌も自分で作り、無農薬の野菜を食べさせるため、畑を借りて、無肥料無農薬の野菜も作って食べさせました。

 

 

そんな生活を続けて数年、現在、4歳の息子は、畑のトマトを採り、そのまま食べています。

 

一応、菌は心配なのですが・・・w

 

 

月1回の採血も、3か月に1回、半年に一回になりました。そして、医大の先生も採血に来るようにと言わなくなり、今は近くの病院で1年に1回採血しています。

 

 

現在の好中球は800ぐらい。200の時に比べ大きな成長です。

 

 

幼稚園にも通い、こけて擦りむいても酷く膿んだりせずにいます。ワクチンや生活用品、食事に気をつけているせいか、体調を崩すのも、ほかの子ども達より少ないような気がします。

 

 

やっぱり、からだは口にするものでできている。変なものを体内に入れないというのは大事なんだなぁと再確認しました。

 

 

卵アレルギーと好中球減少症だった息子のために使った生活用品などは、また日を改めてブログに書きます。

 

 

 

最後に、お子様の好中球減少症に悩む父兄の皆様へ

本当に不安だと思います。情報が少ない分不安さが増します。きっと、病院側も手探り状態の症状だと思うので、父兄の皆さんが気持ちをしっかりと持ち、お子様の検査などは十分検討してください。皆さんの大切なお子様は実験台ではありません。守ってあげてください。僕が西洋医学に頼るのは緊急の症状への治療。慢性病やアレルギー、がんや生活習慣病、○○症などは、やはり生活の改善、食事などを見直すことが一番のいいと思います。

 

一緒に頑張りましょう!

 

Good Luck!