それではダメだった話

 

 

今回は、僕が引き寄せの法則を実践していて失敗したことをお伝えしたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

SNSで殺害予告(のちに同業者による嫌がらせと判明)され、ネットが怖くなっていた。人生を変えたいと引き寄せ系の書籍やブログを読み漁っていた時期があった。その時は、読めば読むほど人生が変わる感じがして幸福感に満たされていたのだけれど、数日経つとその幸福感も薄れていった。最後には幸福感は消えていた。そして、自分の幸福感を上げるためにまた書籍やブログを読み漁る・・・。そんな毎日を過ごしていた。

 

 

 

 

お察の通りこの状態ではまったく幸せになれない。願望を実現化するなんてもってのほかだ。

 

 

 

 

過去を憂い、未来を悲観して悩んでいる状態から、藁をもすがる思いで始めた引き寄せの法則も全く効果はありません。引き寄せの知識はこれでもかとインプットしていたのに現実は変わらなかった。引き寄せを理解してるし納得もしている。それなのに現実が全く変わらない。

 

 

 

 

こんな日を繰り返していたある日、引き寄せの法則なんてバカらしくなってきて、ある日きっぱりやめた。アファメーションも瞑想も神社参拝もソルフェジオ音楽も全部やめた。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、何もしない引き寄せの法則を実践しない毎日を過ごしていたある日、奇跡的な出来事が僕の目の前に現れた。

 

 

 

 

散歩の途中、河川敷で学生がサッカーの試合をやっていた。休憩ついでに腰を下ろして観戦してみた。その試合のハーフタイムで、監督が部員全員に言った言葉を聞いて僕もカミナリに打たれたような衝撃を受けた。

 

 

 

 

「わかってると、できているは違うんだよ!!!!」

 

 

 

 

この言葉が聞いた時に、本当に体にビビビビッと衝撃が走ったのだ。

 

 

 

 

これだ~~~!!って。

 

 

 

 

いまから思えば、それが宇宙からのメッセージだった思う。

 

 

 

 

「わかっていると、できているは違う」

 

 

 

 

たくさんの引き寄せ系書籍もブログも読んだ。引き寄せのことは理解している。僕はそれだけでできていると勘違いしていた。

 

 

 

 

だから、現実は変わらない。

 

 

 

 

そりゃ、当然だ。わかっているとできているは違うのだから・・・。

 

 

 

 

その日から、できるようになるために猛特訓した。まさしく引き寄せのトレーニングだ。プロスポーツ選手も、ピアニストも、画家も、志望校に受かった人も、みんなその願望を達成するためにトレーニングをしている。僕も願望達成のために引き寄せのトレーニングをするのだ。

 

 

 

アファメーション、瞑想、神社参拝、ソルフェジオを気が狂うほどやった。

 

 

 

 

毎日毎日、思考が変わるように、今までの思考と決別するために、潜在意識に浸透するように、と徹底的にトレーニングした。思考を現実化するってトレーニングだ。トレーニングしなくても現実化できる人もいると思うけど、僕はそうじゃなかった。だからトレーニングした。できるようになるまで・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

そうしてるうちに現実がどんどん変わってきた。仕事でいままでにない結果を残せたり、ずっとやりたかった部署に異動の内定がでた。念願の一軒家に暮らせて庭でバーベキューをしたり、ずっと前にノートに書いていた願望が現実化してきた。僕の思考に合わせて、現実が変わってきたのだ。

 

 

 

 

今は現実化できると確信している。自信もついた。もちろん、まだまだ願望達成のためにトレーニングは続けていく。まだまだ幸せになるよ。

 

 

 

 

「何もしなくても叶う法則」もあると思う。だけど、僕は「引き寄せのトレーニング」をオススメする。

 

 

 

 

あなたも、インプットだけでできていると勘違いせず、徹底的にトレーニングをして、現実と答え合わせをしてほしい。

 

 

 

この本は毎日の実践法が書いてあるので、ぜひ読んでみてほしい。

 

 

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク