ビジョンは明確にするべき




 

 

 

本当に思う自分の理想は?

 

 

夢を叶えたいなら明確なビジョンを持とう。ノートに自分の理想の人生のロードマップを書き出してみよう。書いたからといってその通りに生きなければいけないということもない。どんどんと修正していってもいい。暇つぶしだと思って作ってみてほしい。

 

 

僕は20代後半でサラリーマンを辞め、働きながら専門学校に通い国家試験に合格した。その時から、人生のロードマップは書いていた。思うことがあるたびにロードマップを書いていたのだが、何回書いたかわからないロードマップに必ず書いていたこと。

 

 

ラグビーW杯に参加する

 

 

もちろん、観客としてではなくチームに関わるという意味だ。日本代表には関われなかったけれど、強豪国の何チームかがオファーをくれたことが嬉しかった。最後の試合の前夜にヘッドコーチからもらった言葉は忘れない。今でも僕の宝物だ。

 

 

話は逸れたが、まず明確な目標を持つことは大事だ。いまの年齢を端に書き、プラス10歳の年齢を端に書く。そして一年ごとに自分はどうなっているか、何をしているかを書く。ここで重要なことはできるような未来ではなく、ただ自分の願望を書くこと。誰にも見せないのだから遠慮はいらない。自分の理想の未来を書き出そう。

 

 

僕の場合、国家資格はない。マッサージできない。テーピングできない。英語話せない。スポーツ関係の仕事でもない。W杯なんて夢のまた夢の状態でロードマップを書いていた。「ラグビーW杯に参加する」と書いていた。あの時から2大会は観客としてラグビーを楽しみながら、心の奥では奥歯を噛み締めていた。そして、3大会目の2019年、やっと参加できたのだ。

 

 

人生は面白い。正解なんてない。ただ実践あるのみ。

 

 

 

 

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク