ワンピースのルフィが活躍する理由

「ワンピース」の人気ぶりはあなたも知っていることだろう。そして、ワンピースには夢を叶えるためのノウハウがある。それを伝えたい。

 

 

 

 

ルフィは「海賊王になる」とまわりの人間に伝えている。何度も何度も伝えている。バカにされ、笑われてもずっと言っていた。僕の経験上、夢は多くの人に語った方が現実化がはやい。そうすることで、あらゆる情報が集まったり、仲間と出会えたりする。だから、夢を叶えたかったらまず人に伝えよう。

 

 

 

 

次に、ルフィは不利な状況でも航海に出た。悪魔の実を食べ、泳げない体になったのにだ。

 

 

 

 

ルフィは

  • 泳げない
  • 海図読めない
  • 料理できない

 

 

 

 

できないことだらけだったけど、「海賊王になる」という夢を叶えるために海に出た。まず、海に出たのだ。

 

 

 

 

 

 

 

ここで大事なことは、まず夢に向かって行動していること。一歩踏み出すことだ。泳げるようになって、海図の勉強をして、料理をできるようになってから、航海に出ていたのでは遅い。もしかしたら状況が変わって、海に出ることすら無理になるかもしれない。

 

 

 

 

そこからのルフィはあなたもご存知の通りだ。次々と素晴らしい仲間たちを集め、夢に向かって挑戦している。

 

 

 

 

僕は、「ラグビーW杯」を夢見ていた時、まわりの人たちに伝えていた。会社でも飲みに行っても皆に伝えていた。そうして30代目前に脱サラし、国家試験の免許を取るために学校に行くことにした時、同期の人たちの中に笑う人もいたし、止める人もいた。でも、別にその人たちにどう思われてもよかった。それほどW杯に行きたかったのだ。自分のワクワクを大切にした。

 

 

 

 

「ラグビーW杯」なんて夢を持ってもアテもない。運送会社でアルバイトをしながら、学校に通った。修行先の接骨院を決めたのは入学してからだ。その時に恩人と出会い、関東へ移り住んだ。地方では、ラグビーの国際試合の仕事は少なかったからだ。

 

 

 

 

関東で開業し何年かした時、海外選手が来日した時のコンディショニングマッサージの募集があった。当時、自分の院に来院する人しか診ていなかった僕は迷った。自信がなかったのだ。

 

 

 

 

ずいぶん前の事なので正確には覚えていないが、第1回の募集はスルーしたと思う。それで、2回目から手を挙げた。その後は個人的にもオファーをもらう事もありマッサーとして活動した。2回目以降は毎度呼ばれることになり、10チーム以上を担当させてもらった。そして、2019年W杯に某国と契約しW杯に参加した。

 

 

 

 

僕のことはまた改めて書くとして、今日お伝えしたかったのは、「夢は周りに語ること」「まず行動すること」

 

 

 

 

ぜひ、勇気を持って実践してみてほしい。

 

 

 

 

勇気を持って航海に出よう。

 

 

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク