「そのままでいいんだよ」っていうのが納得できなかった話




 

 

 

引き寄せのサイトや本を読んでいると、「そのままでいいんだよ」「あなたの存在自体が完璧だよ」って行った類の言葉を目にする。

 

 

 

 


現実にもがき苦しんでいた頃に、こうした考えを目にし、「自分は完璧なんだ」と思い込もうと唸りながら頑張った事がある。きっとあなたもそういう経験があると思う。来る日も来る日も「自分は完璧なんだ」「そのままでいいんだ」とアファメーションし続けた。

 

 

 

 

しかし、一向に現状は変わらなかった。僕には向いていなかったのだ。「そのままでいい」と言われても、望まない現実が目の前にあるから何かせずにはいられない。だから、この方法はパスした。

 

 

 

 

しっくりくるメソッドと出会えず、悶々とする日々を過ごしてていたある日、世の中で夢を叶えている人ってどんな人だろうと考えていた。

 

 

 

 

僕の中で一番に浮かんだのは芸能人だった。彼らはきっと華やかな舞台を夢見て毎日頑張っていたはずだ。

 

 

 

 

芸能人でも時々、「街中でスカウトされましたぁ」っていう人がいるけど、大半の人は芸能界を目指して上京し、何度も何度もオーディションを受けて、ようやく夢を掴んだ人が多いと思う。それなりの行動をしている。だから、今の現状を受け入れて「完璧だ」「そのままでいい」と思い夢を掴む人もいるけど、僕は何度も何度も幸せになるためのオーディションを受けた方が結果的にいいのではと考え、スパルタ式にアファをやりました。行動しないと夢を叶えられないタイプだと思う。

 

 

 

 

そうしているうちに、現実が変わってきて幸福感に満たされるようになったし、目の前の現実も確実にいい方向に変わってきた。

 

 

 

 

だから、いろんな「引き寄せ」を実践している人も、自分に合わないメソッドに出会った時は、いつまでもしがみ付いているのではなくさっさと次のメソッドを試そう。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク