他人の評価を気にせずに生きる




 

 

 

学校の先生や、会社の上司、同僚や両親。

 

 

いつも周りからの評価を気にして生きていないだろうか?

 

 

周りからの評価ばかりを気にして生きていると、自分自身が疲れる。僕はそうだった。

 

 

人の評価っていい加減なものだと理解しよう。そして、無視しよう。何を言われても自分の中に取り込まないのだ。

 

 

僕だって、無視しようと思っていても、人の評価が気になって疲れることがまだある。(最近は少なくなってきたけど・・・)

 

 

人の評価を気にする時って大体が感情がマイナスな時だ。毎日がうまく行っていない時。

 

 

  • 嫌なこと言っちゃったかな?
  • 仕事が出来ない奴だと思われてないかな?
  • カッコ悪いと思われてないかな?

 

 

 

そんな事を考えていると、ポジティブな事を考える事が出来なくて、ずっと不安な感情に支配される。

 

 

でも、そんな事は幻だ。起こってもいない幻だ。

 

 

言われた事もない過去と言われるかどうかもわからない未来

 

 

私たちは、自ら作り出した幻想に感情を揺さぶられてる。これは人生がうまくいっていない人にありがちなパターンなんだけど、これをどうするかによって今後の人生が変わる。

 

 

まず、人の評価は気にせずに、自分自身を評価する。




 

褒めて褒めて、褒め尽くしてあげよう。労って労って、労い尽くしてあげる。

 

 

他人の評価なんてどうだっていい。気にしない。

 

 

その人の機嫌が悪い時の評価かもしれないし、いい加減なものだ。

 

 

自分自身を認め、労ってあげよう。

 

 

自分自身を自分で褒めてあげる。労ってあげると、エゴが邪魔して「まだまだ頑張れるはずだ」「あの人はもっと頑張っている」「自分はダメだ」と、自分自身にマイナスの評価を突きつけてしまう人がいる。

 

 

僕もだけど、メンタルが落ち込んでる時はそうなりがち。

 

 

でも、この世ははじめに言葉ありきだ。口に出して自分を褒めてあげよう。

 

 

ネガティブよりポジティブな事を考えたり発言したりする。

 

 

そうしていく内に、心が満たされ安定し、現実が変わってくる。

 

 

 

 

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク