人生を変える言葉




言葉に宿ると言われている力=言霊



何いってんだ、胡散くせぇと思っていた。当時の僕は悪い言葉のオンパレード。


・いやだ
・めんどくさい
・疲れた
・くだらない
・理想の人生と違う


このように毎日毎日、不平不満を口にしていたし、口にしていなくても思っていた。この時は「引き寄せの法則」なんて知らなくて、目の前に現れる現実は、自分自身の波動が現実化したものだと知ったのもほんの数年前。


数年前、人生のどん底にいた。今まで感じたことのない恐怖に怯え、なんとか現状を打破したいとブログや書籍を読み漁りお寺にも相談に行った。その中で、やはり日頃の行いや言葉、振る舞いが人生を大きく左右すると気付いた。


特に斎藤一人氏の天国言葉が、自分の中にスッと入ってきてすぐ実践した。


・愛しています
・ツイてる
・嬉しい
・楽しい
・感謝します
・しあわせ
・ありがとう
・許します


この言葉の波動は絶大で、毎日言い続けましょうと斎藤一人氏は言っている。


日常を振り返ってみると天国言葉って全然使えていなかった。せいぜい何かをしてもらったときに「ありがとう」というぐらい。


しかし、人生を変えるために何かしないといけないと思っていたし、何かをしていないと頭の中から不安が消えなかったので、とりあえずアファしようと決めた。


通勤も徒歩通勤に変え、一歩一歩と踏み出すごとに、「愛してます、ツイてる、嬉しい、楽しい、感謝します、幸せ、ありがとう、許します」とアファをした。


そうすると、以前は車通勤中にずっとネガティブな事を考えていたのですが、徒歩通勤アファしていると、嫌な思考や頭の中を満たしていた恐怖心を感じることもなく通勤できたのでこれは僕にとって大きな事だった。思考は現実化する。SNSで殺害予告され、その後も嫌がらせを受けていた僕は四六時中ビクビクして過ごしていた。そうなると、起こる現実も自分の望まない現実ばかりだ。通勤中のアファは、そんな僕が一日の間の40分だけでも恐怖を感じずに生きた貴重な時間だった。


徒歩通勤の40分間が、恐怖に満たされていた僕の思考をリセットできる時間になった。


わずか40分でも思考をリセットすることができた僕の毎日は、少しずつ変化を始める。自分の中で「嬉しい」「良かった」と思うことが増えてきたのだ。


正確にいうと、本当に嬉しい事や良かった事が起こったのかはわからない。以前からそういう現実は目の前に起こっていたのかもしれない。でも、そうして気付けるようになったという事は、確実に僕の中で何かが変わったという事だった。


あなたも「現実の捉え方を変えよう」というフレーズを見た事があると思う。以前の僕も、そのフレーズを見て「そんなの綺麗事だ!」「俺はもっとはっきりと現実が変わって欲しいんだ!」と思っていた。


しかしながら、自分の中で何かが変化すると物事の捉え方も変わる。アファのおかげか、幸せに気づく事が多くなり感謝できる事が増えた。よくいう「幸せ体質」になったのかもしれない。


家族がいて幸せを感じ、毎日の健康に感謝でき、朝日や夕日、流れる雲や月を見て宇宙に抱かれている気持ちになった。


ぜひ、現実を変えたいあなたもとりあえず徹底的にアファをして思考のリセットをしてみてはどうだろうか?

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク