仕事の悩みを改善したいと思う人にやってほしいこと

 

 

 

仕事の他に没頭できる趣味やライフワークを見つけよう。

 

 

 

1日8時間働くとして、通勤を含めれば1日の1/3以上を仕事に費やしている人は多い。ブラック企業に勤めて残業の長い人や通勤に時間のかかる人はもっとだろう。

 

 

一度、自分の感情を可視化するために円グラフを書いてみよう。そして、その中に「自分の感情を支配している割合」を書いていく。仕事、自分自身、家族、趣味、ボランティアなど・・・。ざっくりといいので書いてほしい。

 

 

あなたのグラフはどうなっただろうか?

 

 

感情を支配している割合・・・。仕事が大半を占めた人もいるだろう。では、その仕事についての悩みはどうだろうか?より深い考察していく。悩みは何なのか?

 

 

  • 仕事内容
  • 業務時間
  • 通勤時間
  • 給与
  • 上司との関係
  • ライバル

 

 

深く考えて自分の本当の悩みをひきづり出そう。そして、その悩みに打ち勝とう。問題を明確化し、その問題を消し去ろう。方法は簡単。趣味やライフワークを見つけよう。悩みに打ち勝つぐらいの「やりたいこと」を見つけるのだ。

 

 

世間にはマニアと言われる人たちがいる。すべての人がそうではないと思うが、彼らは自分の趣味に人生を賭けている。給料は趣味の物を買う為、休日は趣味に没頭する。世間的に異質に見えていても、彼らの中では幸せなのだ。マニアの方々にとって優先順位は、趣味が仕事を優っているだろう。きっと仕事は仕事、趣味は趣味で分けて考えているから感情のコントロールがしやすい。

 

 

あなたを含め多くの人は、仕事の悩みがクリアにならないと、自分のことに時間が割けない。自分のことを優先に考えられないと思う。この企画が終わったら、上司に認められたら、仕事を覚えてから・・・。自分の感情が現実を作り出している世の中では、この思考ではうまくいかない。まず思考だ。自分の機嫌をとりまくろう。そのために、自分が満たされる趣味やライフワークなどを見つけよう。

 

 

映画鑑賞でも楽器演奏でもパズルでも写真撮影でも鉄道でもいい。ただし、ショッピングなど散財するのはよくない。ストレスに任せてお金を消費すると、お金がなくなったときにまた自分自分を責めてしまって自己肯定感が下がってしまう。

 

 

趣味やライフワークを見つけ、自分の心を幸せにしよう。感情を裕福にしてあげよう。悩みなど忘れぐらい趣味に没頭しよう。最初のうちは、次の日の仕事が気になって心から楽しめないと思う。そんなときは、連休初日に趣味をしよう。「まだ明日も休みだ」という余裕が気持ちを安定させ、趣味を心から楽しめる。

 

 

僕の場合は、DIYやBBQ、海を見に行くなど様々だ。 DIYなら釘を打っている時や色を塗っているときはほぼ無心だ。完成をイメージしているときはあるけれど、それ以外はほぼ何も考えていない。BBQでも火をおこしているときにはもう料理のことを考えている。焼く順番や周りのみんなが楽しめるように考えているから仕事の悩みなど入ってくる余地がない。海を見ているときは「絶対に毎日海が見られる生活を手に入れる」と妄想している。浸っているのだ。

 

 

毎日、仕事に悩みなんとかしたいと考えているなら、趣味を見つけることをオススメする。何がやりたいかわからないという人はなんでもやってみてほしい。嫌ならすぐにやめればいい。そしてまた何か始めてみよう。そのうち何か見つかるはずだ。

 

 

没頭する趣味が見つかれば、感情も変わり現実も変わってくる。

 

 

ぜひ、見つけてほしい。

 

 

行動しよう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク