悩みの原因は上司では?




 

 

あなたの上司はどんな人?

 

マッサーをメインで活動していた僕も、2019年のラグビーW杯閉幕を期にサラリーマンになった。今までは施術所を自分一人で好きにやって来ていたが、サラリーマンになり上司や同僚ができた。環境が変わるとなかなかすぐには慣れないもので最初は悩む日々が多かった。悩みは業務や環境ではなく「人間関係」だ。

 

 

業務や環境が嫌だと転職活動をする人がいるが、本当に業務や環境が嫌なのだろうか?もし、自分が同じ野望を持った仲間と起業し、いまの業務や環境で同じ内容のことをすることになったとしても、業務が嫌だから辞めるとなるだろうか?たぶん、答えはNOだろう。つまり、嫌な理由は人間関係なのだ。サラリーマンの人間関係の悩みで一番は「上司との関係」だろう。

 

 

では、あなたの上司はどのような人であろうか?

 

 

  • 怒りに任せて怒る
  • 責任を部下に押し付ける
  • いちいち細かい
  • 優柔不断でリーダーシップがない
  • セクハラ

 

 

あなたを悩ます上司は、あなたが嫌がっていることに気づいていない事も多い。しかし、それを気付かせるのも難しい。人間的に合わないのはどうしても無理だし、生理的に無理な人間と仲良くするというのもツライ。

 

 

僕の場合は職場や業務など、物理的な距離で離れることは無理だから、意識レベルで距離を取るようにしている。入社当社は当然注意や指示をされる事も多い。それはわかっていたが、執拗に言われるとこちらも嫌気がしてくる。ネガティブな気持ちで帰宅する事も多かった。しかし、こんな毎日は望んでいない。だから意識レベルで距離を取ることにした。

 

 

現実に起こっていることに意識を向けず、自分の頭と会話するようになっていった。「なぜ、こんなに怒るのだろう」「よくここまで言えるよな」「はいはい。ありがとう」と・・・。業務はきちんとやるけれど、上司に認めてもらおうとすることはやめた。そうすると無駄に神経を使う事もなくなる。業務に集中できるのだ。上司なんて他人だ。毎日職場あってるとはいえ簡単にわかり合えるものではないし、変に気を使ってわかり合ったとしても業績が伸びるとは限らない。

 

 

仕事とは楽しんでやるものだ。それができない環境なら自分の意識を変えるしかない。それもできないなら転職を考えよう。

 

 

 

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク