上司の期待に応えてはいけない理由




 

 

 

尊敬できる上司からの期待なら頑張ろう

 

 

 

しかし、下記のような上司からの期待なら答えるべきではない。

 

 

 

  • 仕事はできるけど、人間的に尊敬できない上司
  • 人間的には尊敬できるけど、仕事ができない上司
  • 私利私欲に塗れた上司
  • 細かいことに異常に執着して、向上心のない上司
  • リーダーシップのない上司

 

 

 

 

このような上司からの期待に応えようとすると、あなたが疲弊し潰れてしまう。厳しことを言うようだが、いつか報われると毎日頑張っていても時間の無駄だ。ハッキリ認識しておいた方がいい。

 

 

 

 

「もう少し仕事を覚えてから意見しろ」など愚の骨頂である。部署を変えてもらうか、転職しよう。

 

 

 

 

 

 

3つの事を変えると人生は変わると言われている。

  1. 住む場所を変える
  2. 仕事を変える
  3. 付き合う人を変える

 

 

尊敬できない上司と毎日職場にいて毎日つまらないと思っているあなたは、サクッと転職する事をオススメする。いらない感情はいつもでも持ち続ける必要はない。どんどんと手放そう。(※断捨離すれば夢が叶う

 

 

 

 

 

 

あなたにとって「尊敬できない上司」でも、他の人にとっては「尊敬できる上司」かもしれない。しかし、それはその人の価値観であって、あなたの人生に何の関係もない。あなたはあなたの人生を楽しむために選択すればいい。いや、しなくてはいけない。1%の成功者は99%の人間と同じ判断をしない。99%の人間は同じ事することをする。

 

 

「尊敬できない上司」と「あなたと価値観の違う他の人」

 

 

ここに、あなたが期待に応えてはいけない2つの弊害があります。

 

 

まずは、「他の人」

「他の人」の価値観をあなたが受け入れる必要はない。「石の上にも3年」「今の経験が将来きっと役に立つ」など、ありがたい(?)アドバイスをしてくる人がいる。こんなことは右から左へスルーしよう。「他の人」の価値観であり、あなたにとって正解かどうかわからない。仮に信じてこのまま頑張り続けて、あなたがボロボロになり倒れたとしても、「他の人」は責任を取ってくれない。

 

 

 

 

そして「尊敬できない上司」

尊敬できない上司からの指示や説教なんて聞いてられないと思う。「これも神様からの贈り物なんだ」と納得して現状を受け入れる事ができる方は受け入れて日々を過ごせばいい。しかし、「こんな人生を変えたい」と思う人は行動しよう。

 

 

尊敬できない上司の満足感を満たすために生きてはいけない。

 

 

あなたの人生を尊敬できない上司のために尽くすのはやめよう。特にあなたが尊敬できない上司は、「あなたのため」と自分の事を正当化してくる。しかし、あなたが尊敬できないと思っている時点で関係性が築けていない。そういう人とはすぐに離れよう。離れる勇気を持とう。

 

 

 

 

悲しいことに、尊敬できない上司の言う事を聞いていても業績は上がらない。売上というものは社員のモチベーションと比例している。そんな上司からの指示をマジメに引き受けて働いていてもうまくいく保証などない。

 

 

自分のワクワクする事、やりたい事、得意な事を一点集中してできる環境に身を置くようしよう。

 

 

やりたくない事をしている、毎日毎日満たされない。そんな事に時間を無駄にしちゃいけない。

 

 

尊敬できない上司の満足感を満たすために生きてはいけない!

 

 

 

 

 

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク