次の日の仕事が不安でたまらなかった話








仕事が嫌で嫌で堪らなかった時期。




どれだけアファなどをしても一向に効果がなかった。




ポジティブアファをすればするほど、心は重たくなっていた。




アファする事で、自分自身がそうならないといけないみたいなプレッシャーを感じてとても憂鬱になっていた。




アファが逆効果だった。




そんな時は、開き直ろう。




  • 明日の仕事は何かトラブルが起きても仕方ない。
  • ミスぐらい誰でもする。
  • 何とかなるさ








こうやって考えを変えるととても気持ちが楽になって、明日の仕事が嫌なのも薄らいでいく。自分に抱え込むのはやめよう。徹底的に気楽に考えるのだ。




だいたい、明日の仕事って本当に自分の人生に必要だろうか?




あなたが仕事が嫌な理由は何だろう?




仕事が遅いと同僚に思われるのが嫌なのだろうか?ミスをして上司の怒られるのが嫌なのだろうか?労働時間が長いのが嫌なのだろうか?




そもそもその仕事はあなたに向いているのか?




そこまで我慢してやらなければならないものなのか?




今の時代、仕事は山ほどあるし副業もできる。




仕事はしっかりとこなし、定時に帰って副業に精を出すこともできる。




趣味もできる。




仕事以外のことで夢中になる事を見つよう。プライベートな時間は趣味や副業に没頭しよう。




そうすれば、仕事=人生という考えも無くなる。




今の時代、仕事のみで人生を終えるのはもったいない。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク